ONLINE: 000617
|| HOME | UP ||


Will & Grace
ウィル & グレース
Will & Greas


 ホモセクシャルの男性を主人公にした、「エレン以降」のシチュエーションコメディ。ゲイ男性ウィルと同居する親友の女性グレース、ウィルの友人で同じくゲイのジャックと、グレースの仕事のアシスタントである常識ハズレな女性カレン。この4人のメインキャラのあいだで毎回ギャグが展開する。主人公がゲイであることを除けば、ニューヨークを舞台にした他のトレンディコメディとほぼ変わらないが、ゲストやサブキャラは少なく、スマートにまとまった印象を与える。メインとなるのはもちろんゲイ男性とストレート女性のあいだに起る常識の行き違いからくる笑いだが、ことさらゲイであることの意義を強調することは無い。
基本情報は snbwag02.html



Episode #2-20 "An Affair To Forget"
第2-20話 『忘れたい情事』

相当無粋にネタバレしてます。日本での放送は恐らく無いですが、ご注意。

 このところどうも落ち着いてしまって今一歩盛り上がらないエピソードが続いていたけど、今回は久々に体を張って突っ走ってくれた。つまりはセックスネタである。ゲイ男性とストレート男性の何が根本的に違うかつってそりゃセックスの嗜好に他ならないわけで、なんだかんだでゲイを主人公にする以上は、ダイレクトなセックスジョークがいちばん真価を発揮できるのは当然といえば当然。またプロットも最終的には2筋(ウィル+グレース / ジャック+カレン)に分かれるものの、基本的にほぼ1箇所に全てのキャラが集まって進行し、統一感と密度があったと思う。

 今回はシリーズの数少ないリカーリングゲストキャラである、ウィルとグレースの地味な友人カップル、エレンとロブがメインに据えられる。結婚を発表したエレンとロブだが、実はグレースはロブといちどだけ関係を持っており、その秘密をどういじくり倒すかがメインプロット。当然秘密はバレて、クライマックスはエレンが復讐の為に無理矢理ゲイのウィルとセックスしようとする下り。ブラとパンツ姿のふたりがスラップスティックコメディを展開する。

 ジャックxカレンのプロットは時間的には短くなっているが、こちらは更に濃くて暴走気味。女性ストリッパーのラップダンス(座った男性の膝(ラップ)の上でストリッパーがぐーりぐり踊るヤツ)に思わず“反応”してしまい、自分はビョーキではないかと悩むゲイ青年ジャック。それを知ったカレンが「テスト」の為にジャックにラップダンスを施す。ヘテロセクシャルなカップルならいくら服を着たままとはいえこんな、ぐりぐりこすりつける、シーンなんざとても放送できたもんじゃないが、ホモ男性xへテロ女性ならなんでもオッケー。純粋なギャグにしかならない(とはいえダンス中は下半身は映らなかったが)。これは今までのジャックxカレンのセックスギャグと同じ体を張ったネタだが、何度観てもこのノリは無条件降伏的強さを誇ると思う。

 こういった逆転した常識……男と男がセックスするのがフツーであり、男女が結婚するなんてトンでもないマチガイである世界が、大胆に描かれれば描かれるほど、笑いも大きくなる。セクシーなロマンスがあるべきところに、笑いしかないのである。最近のエピソードではこのゲイ世界の常識の逆転が、スパイス的におとなしく使われていたのだが、今回は久々にメインディッシュになったわけだ。久々に味わうから更にこってりと美味しいエピソードだった。

放送: '00. 04. 18. (第2シーズン)
脚本:Alex Herschlag / Laura Kightlinger
監督:James Burrows

ONLINE: '00.06.17.






|| HOME | UP ||